美術屋・百兵衛
2014年夏号 vol.30 北海道特集

全国大手書店にて7月14日(月)発売

定価500円(税込)


今号の「美術屋・百兵衛」は、「北海道」の文化や芸術にスポットを当てます。日本の歴史から見ると、北海道は比較的新しい文化を持った地域でしょう。どこか異国情緒のある街は、芸術家の制作意欲も駆り立ててきたに違いありません。東京生まれでありながら北海道で農業を営みつつ、絵を描いた画家・神田日勝、札幌出身で生涯新しい画風に挑み続けた三岸好太郎など、エネルギッシュに生きた画家の人生を追います。自然を満喫しながらアートを楽しめる北海道らしい人気スポット・札幌芸術の森美術館やモエレ沼公園、北海道で初めて経済産業省の伝統的工芸品に指定されたアイヌの人々の工芸品など、北海道のアートを総ざらいしています。また、毎回人気を集めるアートイベント「ヨコハマトリエンナーレ」を取り上げるなど、北海道はもちろん、全国の旬のアート情報が満載の一冊です。


特集 北海道文化考
農民である。画家である。 神田日勝
三岸 好太郎 札幌生まれの天才モダニスト
HOKKAIDO ART SCENE この夏、行きたい!北海道のアートスポット満載(北海道立近代美術館/札幌宮の森美術館/500m美術館/札幌芸術の森/モエレ沼公園/アルテピアッツァ美唄/中札内美術村/十勝千年の森)
札幌国際芸術祭2014 人間と自然が共生する、新しい都市のかたちへ
北の大地が育んだ工芸品 二風谷イタ/二風谷アットゥシ/優佳良織
後藤純男美術館
北海道画廊
風土が育んだ美術家たち ほか

百兵衛の眼
2014年夏のアートイベント ヨコハマトリエンナーレ2014
美術館のレストラン ジョワ・デ・サンス(宇都宮美術館) ほか

連載
金舩 卓志 & 高橋 周平/島尾 新/中野 中/林 紀一郎/安井 収蔵/ヤマザキ ムツミ/ワシオ・トシヒコ

美術館情報
宇都宮美術館
特別展「岡田三郎助 ―エレガンス・オブ・ニッポン―」(佐賀県立美術館)
オルセー美術館展 印象派の誕生 ― 描くことの自由 ―(国立新美術館)
開館10周年記念展覧会 レアンドロ・エルリッヒ(金沢21世紀美術館)
ノスタルジー & ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉(国立国際美術館) など全国の展覧会情報
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!

*** 「美術屋・百兵衛」って? ***
手軽に美術が楽しめる、ワンコイン美術館「美術屋・百兵衛」。
美術が好きだから、これまでアートに興味のなかった人にも美術の面白さ、素晴らしさを伝えたい。そんな私たちの想いから、2007年4月に創刊したのが季刊「美術屋・百兵衛」。日本の47都道府県のうち一箇所を各号でピックアップし、美術を中心としたその地域の文化全般を紹介しています。「美術は難しそうで」と食わず嫌いの方にも興味を持っていただけるように、時にはグルメ情報を入口にしたり、あるいは祭りやイベントを取り上げたり……。様々な文化を通して最終的にはアートの面白さを伝えます。
価格も500円(税込)と、手に取りやすいワンコイン。おかげさまで号を重ねる毎にファンも増え、この7月に発行した最新号で創刊30号を迎えました。

百兵衛北海道号