美術屋・百兵衛
2015年秋号 vol.35 岐阜県特集

全国大手書店にて10月10日(金)発売

定価500円(税込)


秋と言えば「芸術の秋」。そして「紅葉」。その両方が楽しめるのが、今号の「美術屋・百兵衛」で特集する岐阜県です。岐阜は日本のほぼ中央に位置しており、富山・愛知・三重・滋賀・福井・石川・長野と7つの県に囲まれた数少ない内陸県。県内には2つの国立公園と2つの国定公園、そして15にもおよぶ県立自然公園があり、秋の紅葉はもちろん、四季折々の自然が楽しめます。一方、岐阜県は古くから伝統工芸や美術が盛んな地でもあります。長い歴史を持つ美濃焼は多くの陶人たちによって革新を重ね、伝統とモダンが見事に融合した多くの作品が生み出されてきました。また、8世紀初頭の公文書に記された美濃和紙は、前田青邨など岐阜県出身の日本画家にも愛用されました。他にも洋画の熊谷守一や現代美術の日比野克彦などを輩出した岐阜県は、多彩な才能に恵まれた県なのです。


特集 岐阜文化考
アーティスト・岐阜県美術館長 日比野 克彦
岐阜県美術館 屋外彫刻が点在する緑の中の美術館
ふるさとを愛し、ふるさとに生き続ける 熊谷 守一
美濃焼 その過去と現在
厳選!! 岐阜のギャラリー 柳ヶ瀬画廊/GALLERY CAPTION
養老天命反転地 常識を疑い、重力に逆らえ! 身体で感じるアート作品
円空仏 その笑顔は観る者を幸せにする
美濃和紙とうだつの上がる町並み
風土が育んだ美術家たち ほか

百兵衛の眼
インタビュー:西野 亮廣 『ティム・バートンに褒められた』/茂木 健一郎 「美の仕事 脳学者、骨董と戯れる」
秋のアートイベントへ行こう!(六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015/神戸ビエンナーレ 2015/第26回 UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展))
脈々と受け継がれた 琳派400年
ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち vol.3 ほか

連載
金舩 卓志 & 高橋 周平/島尾 新/中野 中/安井 収蔵/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

美術館情報
九州国立博物館(レストラン:グリーンハウス)
ニキ・ド・サンファル展(国立新美術館)
村上隆の五百羅漢図展(森美術館)
孤高の画家 熊谷守一と朝井閑右衛門(笠間日動美術館)
生命の徴 −『滋賀とアール・ブリュット』(滋賀県立近代美術館)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!

画廊情報
アートスペース羅針盤/Art Lab TOKYO/あかね画廊/粟津画廊/KANA KAWANISHI ART OFFICE/KAMIYA ART/ガレリア・グラフィカ/ギャラリー枝香庵/Gallery Suchi/ギャラリーツープラス/ギャラリー椿/ギャラリーHANA下北沢/Gallery Forgotten Dreams/GALLERY MoMo Ryogoku/銀座K’s Gallery/銀座スルガ台画廊/KURUM’ART contemporary /THE blank GALLERY/シュウゴアーツ /Shonandai MY Gallery/数寄和/Steps gallery/靖山画廊/双ギャラリー/南天子画廊/日動画廊/nca | nichido contemporary art/FUMA COMTEMPORARY TOKYO/BLOCK HOUSE/MASATAKA CONTEMPORARY/ミツイアート/YUKI-SIS/柳ヶ瀬画廊/GALLERY CAPTION/TOKYO DESIGN WEEK事務局/熊谷榧/目の眼/淡交社/大雅堂/ギャラリー39/Gallery H.O.T/橘画廊/高輪画廊/芳山堂

アーティスト・岐阜県美術館長 日比野 克彦

百兵衛鹿児島号中身ふるさとを愛し、ふるさとに生き続ける 熊谷 守一

百兵衛鹿児島号中身養老天命反転地 常識を疑い、重力に逆らえ! 身体で感じるアート作品