美術屋・百兵衛
2016年冬号 vol.36 山形県特集

全国大手書店にて1月15日(金)発売

定価500円(税込)


強い風が吹き、降雪量も多い冬の山形県。ただし、冬だからこそ楽しめることもたくさんあります。例えば、蔵王の樹氷やスキー、大正ロマン漂う銀山温泉など県内に数多くある温泉。豊富な観光資源を巡りながら、山形でじっくりアート鑑賞をしようと思えば、ぜひ訪れたいのがこの季節。今号の「美術屋・百兵衛」では、そんな山形県を特集しています。かつて複数の藩や幕府領(天領)が混在し、今もその名残で庄内、最上、村山、置賜の4 つの地域に分けられるこの県には、地域毎にバラエティに富んだ文化が存在し、個性的な芸術家を輩出してきました。さらに現在では、開学から25 年を迎える東北芸術工科大学の学生や卒業生が多くの公募展で入賞を続けるなど、大きな注目を集めています。そんな芸術的風土を育んだ秘密を「美術屋・百兵衛」No.36 を通して探ってみてください。


特集 山形文化考
無機質なレンズを通して現実を温かく見つめた 土門 拳
写真に対する “愛と尊敬” を持ち、人間を深く見詰め続ける 細江英公
インタビュー 山形県知事・吉村 美栄子が語る山形
山形新聞グループが支える2つの美術館 山形美術館/グランド美術館
山寺と周辺のアートスポット 山寺 後藤美術館/山寺芭蕉記念館
雛とべに花の里 河北町 その魅力を探る
山形スタイルin 銀座 東京のどまんなかで出会える山形
港町・酒田のミュージアム 本間美術館/酒田市美術館
東北芸術工科大学のすべて A&Dの力によって未来を切り拓く。
上杉家が築いた米沢の街と文化 米沢市上杉博物館/上杉伯爵邸
将棋とインテリアの街・天童市 天童市将棋資料館/天童木工
風土が育んだ美術家たち ほか

百兵衛の眼
インタビュー:蓑 豊「兵庫県立美術館も、地元の人が誇りに思う館にしたい」
冬のアートイベント 瀬戸内国際芸術祭2016/いわてアートプロジェクト2016

新世紀の写真家たち 石川 竜一/久保田 稔/上田 福美雄
ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち ほか

連載
金舩 卓志 & 高橋 周平/島尾 新/中野 中/安井 収蔵/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

美術館情報
埼玉県立近代美術館(レストラン:ペペロネ美術館)
始皇帝と大兵馬俑(東京国立博物館)

ボッティチェリ展(東京都美術館)
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで(福岡市美術館)
村上隆のスーパーフラット・コレクション(横浜美術館)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!

画廊情報
アートスペース羅針盤/Art Lab TOKYO/あかね画廊/粟津画廊/KANA KAWANISHI GALLERY/KAMIYA ART/ギャラリーアートもりもと/ギャラリー枝香庵/ギャラリーツープラス/ギャラリー椿/ギャラリーHANA下北沢/Gallery Forgotten Dreams/GALLERY MoMo Ryogoku/ギャラリー和田/銀座かわうそ画廊/銀座K's Gallery/KURUM’ART contemporary /THE blank GALLERY/The Artcomplex Center of Tokyo /シュウゴアーツ/Shonandai MY Gallery/新生堂/数寄和/Steps Gallery/靖山画廊/日動画廊/B-gallery/FUMA Comtemporary Tokyo/BLOCK HOUSE/MASATAKA CONTEMPORARY/ミツイアート/YUKI-SIS/ギャラリー39/Gallery H.O.T/橘画廊/大雅堂

美術界から注目されている、東北芸術工科大学

百兵衛鹿児島号中身山形を代表する世界的写真家 土門 拳

百兵衛鹿児島号中身歴史、文化、食、工芸など山形県の概要を総ざらい