美術屋・百兵衛
2018年冬号 vol.44 鳥取特集

全国大手書店にて1月11日(木)発売

定価500円(税込)

鳥取といえば鳥取砂丘を思い浮かべる方が多いでしょうが、実はアートが盛んな土地だということをご存知でしょうか? 世界的写真家・植田正治や『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親、水木しげるを輩出しています。過去だけだなく、現在も芸術に熱い鳥取県。倉吉市明倫地区では、現存する日本最古の円形校舎をフィギュアミュージアムに生まれ変わらせて町を盛り上げようと、今年4月の開館に向け、着々と準備が進んでいます。また、カナダやニューヨークを中心にボールペン1本で約20年腕試しをして、満を持して日本に帰ってきた異色のアーティスト・永本冬森のインタビューも掲載。世界を股にかけて活躍してきた彼は、なぜ山陰地方を活動拠点に選んだのか? その他鳥取県立博物館や米子市美術館、鳥取民藝美術館なども紹介。鳥取芸術の今が全てわかる、そんな一冊です。

 


特集 鳥取文化考
写真するボク。 植田正治写真美術館
歴史と自然、美術が入り交じる鳥取県の総合博物館 鳥取県立博物館
倉吉博物館 ー市民とともに歴史と伝統を伝え、守るー
古きを温め、新しきを知る 倉吉絣
フィギュアミュージアム(鼎談)倉吉明倫地区をアートの力で盛り上げていく。
世界を渡り歩いて辿り着いたのは山陰だった。 現代美術家・詩人 永本冬森
あおや和紙工房 守り抜かれた職人技から生まれる一枚
境港が妖怪の町に。水木しげるが作り出す、妖怪ワールド 水木しげる記念館
米子市美術館 地元ゆかりの若手作家発掘にも取り組む
鳥取民藝美術館 新作民藝が生活を美しくする
 ほか


百兵衛の眼

アートフェアで美術品を手に入れよう ART NAGOYA 2018/アートフェア東京2018/ART in PARK HOTEL TOKYO 2018
ホキ美術館展覧会レビュー 第3回私の代表作展/理想の風景画展
2017年の公募展 第85回独立展/第71回二紀展/創立70周年記念 第44回創画展

徹底解剖 紫舟 PART5 書家・紫舟の歩み ⑷ ―  海外へ、日本の文化を発信!
画材NOTE 作品を生む力 第3回 株式会社 吉祥 ほか

連載
高橋 周平&金舩 卓志/勅使河原 純/中野 中/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

美術館情報
金沢21世紀美術館(レストラン:Fusion21)

プラド美術館展 ― ベラスケスと絵画の栄光(国立西洋美術館)
至上の印象派展ビュールレ・コレクション(国立新美術館)
没後40年 熊谷守一 生きるよろこび(東京国立近代美術館)
トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために(国立国際美術館)
会田誠「GROUND NO PLAN」展(青山クリスタルビル)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!

画廊情報
ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち <-Vol.12->
Art Lab TOKYO/あかね画廊/インターアート7/ギャラリー枝香庵/ギャラリーツープラス/ギャラリー椿/ギャラリーHANA下北沢/銀座かわうそ画廊/銀座K's Gallery/銀座レトロギャラリーMUSEE/The Artcomplex center of Tokyo/JINEN GALLERY/新生堂/数寄和/Steps gallery/space dike/双ギャラリー/日動画廊/B-gallery/みうらじろうギャラリー/大雅堂/Gallery H.O.T/TEZUKAYAMA GALLERY



*** 「美術屋・百兵衛」って? ***
手軽に美術が楽しめる、ワンコイン美術館「美術屋・百兵衛」。
美術が好きだから、これまでアートに興味のなかった人にも美術の面白さ、素晴らしさを伝えたい。そんな私たちの想いから、2007年4月に創刊したのが季刊「美術屋・百兵衛」。日本の47都道府県のうち一箇所を各号でピックアップし、美術を中心としたその地域の文化全般を紹介しています。「美術は難しそうで」と食わず嫌いの方にも興味を持っていただけるように、時にはグルメ情報を入口にしたり、あるいは祭りやイベントを取り上げたり……。様々な文化を通して最終的にはアートの面白さを伝えます。
価格も500円(税込)と、手に取りやすいワンコイン。おかげさまで号を重ねる毎にファンも増え、最新号は創刊44号を迎えました。

最新号表紙 百兵衛鳥取号中身独自の演出写真を確立し、海外でも「Ueda-cho」として愛された写真家・植田正治

百兵衛鳥取号中身倉吉博物館は画家・前田寛治をはじめとする郷土ゆかりの作家の作品をメインに約1500点を収集している。

百兵衛鳥取号中身写実絵画専門美術館であるホキ美術館の展覧会レビュー。