小松美羽Miwa Komatsu

現代アーティスト。1984年長野県出身。女子美術大学短期大学部卒。幼少期より自然豊かな環境で様々な生き物と触れ合い、その死を間近で見届けてきた経験から独特の死生観を構築、死の美しさの表現を目指す。2003年に女子美術大学入学。線の美しさに惹かれ銅版画の制作を行う。20歳の頃に制作した銅版画「四十九日」はその技術と作風が高く評価を受け、プロ活動への足がかりとなる。近年は銅版画の他に、アクリル画や有田焼など制作の幅を広げ、死とそれを取り巻く神々、神獣、もののけを力強く表現。2016年には長野県・軽井沢G7交通大臣会合アンバサダーを勤め上げるなど国内でも活躍。11月にはニューヨークにて作品を発表し、作品はワールドトレードセンターにも収蔵される。2017年6月に紀尾井カンファレンスにて開催された、小松美羽展「神獣〜エリア 21〜」では来場者3万人を動員。同年12月の台北で行われた個展のオープニングでは1000人以上が並び3時間待ちを記録。2018年1月、北京の「Tian Gala 天辰 2017」にて Young Artist of the Year を受賞。2019年には第76 回ヴェネチア国際映画祭VR部門に『INORI ~祈祷~』がノミネートされる。第48回ベストドレッサー賞(学術・文化部門)受賞。WHITESTONE GALLERY TAIPEI にて、「神祈 ~Prayer ~」を開催、売上2億円をマークする。2020年は日本テレビ系列24時間テレビのチャリTシャツのデザインを手掛ける。同番組内で両国国技館にてライブペインティングを開催。オンラインオークションで2000万円以上の値をつけ、収益をすべてチャリティする。日本橋髙島屋で開催された「女子美術大学創立120周年記念展」に出品、完売。8月、WHITESTONE GALLERY本館、銀座新館と銀座1丁目NEW ART LABで原画と版画と非買品と3か所同時開催で銀座をジャック。初日にて売上2.8億円をマークする。

青木芳昭Yoshiaki Aoki

1953年茨城県生まれ。1976年〜77年:パリ留学、アカデミー・グラン・ショミエールに学ぶ。ル・サロン展に『パリの屋根』『街角』を出品し、名誉賞受賞。1977年:中央美術研究所を開設(2011年退職)。1983年〜84年:パリ留学、アカデミー・ジュリアンに学ぶ。1985年:安井賞展出品(以後1989年、1990年出品)。1996年:銀座・資生堂ギャラリー個展。1999年:アカデミア・プラトニカを設立し、代表に就任。2007年:京都造形芸術大学(現 京都芸術大学)客員教授に就任(2011年より専任教授)、月刊誌「美術の窓」で[実践!絵画素材の科学]を連載(〜2009年)。2011年:「よくわかる今の絵画材料」(生活の友社)出版。京都技法材料研究会設立(画材メーカー11社参加)、会長に就任。2015年:新発見・長谷川等伯筆2点の発見から修理に関わる。
現在、アカデミア・プラトニカ代表、京都技法材料研究会会長、京都芸術大学大学院教授。