h onnsi

北陸富山には、あなたを満足させる美術館が絶対にある。 総合美術雑誌「美術屋・百兵衛」No.42では富山県を特集!

トップページ 注目のアーティスト リンク集 足跡 MR.M アート見て歩き アート日々 ご購入・お問い合わせご購入・お問い合わせ facebookページ twitter

【 最 新 号 】
美術屋・百兵衛
2017年春号 vol.42 富山特集

全国大手書店にて7月18日(火)発売

定価500円(税込)

富山湾と立山連峰に囲まれた富山県。新鮮な海の幸や美しい大自然が頭に浮かぶかもしれませんが、実は様々なジャンルの美術館があることをご存知でしょうか? 中でも注目したいのが、8月26日にグランドオープンする「富山県美術館」。近代美術の名品が揃う同館の見どころを余すところなくお届けします。水墨画や日本画などを中心に展示している「富山県水墨美術館」や世界的にも珍しい発電所をリノベーションした美術館「下山発電所美術館」など美術の話題を中心に様々な富山を紹介します。北陸新幹線が開通してますます身近になった富山。この夏現地へ行きたくなる、そんな一冊です。

 


特集 富山文化考
富山県美術館 アートとデザインをつなぐ美術館、 全面開館!!
シュルレアリスムの伝道師 瀧口修造 
のび太だった少年が、 世界中を笑顔にする漫画家に。藤子・F・不二雄/高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー
高岡市美術館 昭和 26 年に開館した、北陸地方と日本海沿岸初の公立美術館
富山県水墨美術館 日本の美を余すところなく伝える美術館
富山市ガラス美術館 国内外の現代ガラス作品を多数収蔵する美術館
下山芸術の森 発電所美術館 一度は行ってみたい、かつて水力発電所だった美術館
棟方志功 世界のムナカタが過ごした地、福光町を巡る旅/南砺市立福光美術館
森記念秋水美術館 日本刀の名品から歴史を感じとる
越中八尾 おわら風の盆 八尾おわら資料館
風土が育んだ美術家たち  ほか


百兵衛の眼

夏のアートイベント Reborn-Art Festival 2017/ヨコハマトリエンナーレ 2017/札幌国際芸術祭 2017/奥能登国際芸術祭2017/中之条ビエンナーレ2017/港都KOBE芸術祭

夏の京都へ行こう 東アジア文化都市2017京都 現代美術部門「アジア回廊 現代美術展」/京都場 KYOTOba/京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」

徹底解剖 紫舟 part3 書の解放  ―  平面から立体へ ほか

連載
高橋 周平&金舩 卓志/勅使河原 純/中野 中/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

美術館情報
MOA美術館(レストラン:カフェレストラン オー・ミラドー)

ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション(東京都美術館)
開館10周年 ジャコメッティ展(国立新美術館)
アルチンボルド展(国立西洋美術館)
サンシャワー:東南アジアの現代美術展(国立新美術館・森美術館)
開館15周年記念展 ピカソとシャガール(ポーラ美術館)

拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング(BBプラザ美術館)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!

画廊情報
ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち <-Vol.10->
アートスペース羅針盤/Art Lab TOKYO/あかね画廊/KANA KAWANISHI GALLERY/ギャラリー枝香庵/ギャラリーツープラス/ギャラリー椿/ギャラリーHANA 下北沢/ギャラリー和田/銀座かわうそ画廊/銀座K’s Gallery/銀座レトロギャラリーMUSEE/KURUM’ART contemporary/THE blank GALLERY//The Artcomplex Center of Tokyo/JINEN GALLERY/Shonandai MY Gallery/数寄和/Steps Gallery/space dike/日動画廊/B-gallery/FUMA Contemporary Tokyo /MASATAKA CONTEMPORARY/みうらじろうギャラリー/YUKI-SIS/大雅堂/Gallery H.O.T/TEZUKAYAMA GALLERY/DIESEL ART GALLERY



*** 「美術屋・百兵衛」って? ***
手軽に美術が楽しめる、ワンコイン美術館「美術屋・百兵衛」。
美術が好きだから、これまでアートに興味のなかった人にも美術の面白さ、素晴らしさを伝えたい。そんな私たちの想いから、2007年4月に創刊したのが季刊「美術屋・百兵衛」。日本の47都道府県のうち一箇所を各号でピックアップし、美術を中心としたその地域の文化全般を紹介しています。「美術は難しそうで」と食わず嫌いの方にも興味を持っていただけるように、時にはグルメ情報を入口にしたり、あるいは祭りやイベントを取り上げたり……。様々な文化を通して最終的にはアートの面白さを伝えます。
価格も500円(税込)と、手に取りやすいワンコイン。おかげさまで号を重ねる毎にファンも増え、最新号は創刊41号を迎えました。

最新号表紙 百兵衛富山号中身「富山県立近代美術館」から「富山県美術館」と名称を変え、この夏全面リニューアルオープン

百兵衛富山号中身かつて水力発電所だった美術館

百兵衛富山号中身この夏は京都のアートシーンが熱い!注目スポットを特集


 
 

百兵衛は全世代の読者へ美術を浸透させます
麗人社
プライバシーポリシー問い合わせ

掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 Copyright© Reijinsha Co., Ltd. 2016