アート・文化・美食 総合美術雑誌「美術屋・百兵衛」No.37は茨城文化考:五浦ゆかりの人物たち 横山大観、板谷波山特集ほか

トップページ 注目のアーティスト リンク集 足跡 MR.M アート見て歩き アート日々 ご購入・お問い合わせご購入・お問い合わせ facebookページ twitter twitter

【 最 新 号 】
美術屋・百兵衛
2016年春号 vol.37 茨城県特集

全国大手書店にて4月27日(水)発売

定価500円(税込)


穏やかな陽気に、つい出かけたくなるこの季節、今号の「美術屋・百兵衛」でスポットを当てるのは、茨城県の芸術や文化です。岡倉天心が“東洋のバルビゾン”を夢見た五浦(北茨城市)。そのゆかりの地にある「茨城県天心記念五浦美術館」。そして、美術だけでなく音楽や演劇等も楽しめる総合複合文化施設「水戸芸術館」やそのシンボルである100 メートルの塔、茨城ゆかりの画家を中心に多くの作品をコレクションする「茨城県近代美術館」。また、春らしい雰囲気が満喫できる、水戸黄門ゆかりの自然豊かな「偕楽園」などを取り上げました。さらに、地元が育んだ画家たちを紹介するなど、茨城から目が離せません。「アートフェア東京」や話題の「現美新幹線」といった注目のアートトピックスを取り上げるなど、茨城はもちろん、全国の旬のアート情報が満載の一冊です。


※裏表紙の記載について、下記の誤りがありました。
【誤】答えは p.086
【正】答えは p.034
読者、並びに関係者の皆様には深くお詫び申し上げます。


特集 茨城文化考
五浦ゆかりの人物たち 横山 大観
芸術としての陶芸を確立させ、“美しいやきもの”を生み出した 板谷 波山/板谷波山記念館
海か、山か、芸術か? KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭
笠間で見て触れて楽しめるアートスポット 陶芸の町、笠間
陶芸の町、笠間で開催される茨城県最大のやきもの祭 笠間の陶炎祭
もっと知りたい!茨城県の美術館 笠間日動美術館/水戸芸術館/しもだて美術館
茨城と徳川家 水戸藩と徳川家/偕楽園/茨城県立歴史館
まちなかに散りばめられた芸術作品が楽しめる街 アートな取手市
風土が育んだ美術家たち ほか

百兵衛の眼

春のアート・トピックス アートフェア東京2016 /現美新幹線/第 113 回 有田陶器市
兵庫県立美術館館長 蓑豊講演会in 京都
公募展・オークション情報
ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち ほか

連載
金舩 卓志 & 高橋 周平/勅使河原 純/中野 中/安井 収蔵/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

美術館情報
富山市ガラス美術館(レストラン:FUMUROYA CAFÉ)
オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展(国立新美術館)

生誕300年記念 若冲展(東京都美術館)
日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展(国立西洋美術館)
森村泰昌:自画像の美術史「私」と「わたし」が出会うとき(国立国際美術館)
特別展「没後100 年 宮川香山」(大阪市立東洋陶磁美術館)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!

画廊情報
アートスペース羅針盤/Art Lab TOKYO/あかね画廊/ KANA KAWANISHI GALLERY/KAMIYA ART/ギャラリーツープラス/ギャラリー椿/ギャラリーHANA下北沢/Gallery Forgotten Dreams/GALLERY MoMo Ryogoku/ギャラリー和田/銀座かわうそ画廊/ギャラリー枝香庵/銀座K's Gallery/KURUM’ART contemporary /THE blank GALLERY/The Artcomplex Center of Tokyo /Shonandai MY Gallery/数寄和/Steps Gallery/space dike/靖山画廊/双ギャラリー/B-gallery/FUMA Comtemporary Tokyo | 文京アート/MASATAKA CONTEMPORARY/ミツイアート/YUKI-SIS/ギャラリー39/Gallery H.O.T/橘画廊/大雅堂/

*** 「美術屋・百兵衛」って? ***
手軽に美術が楽しめる、ワンコイン美術館「美術屋・百兵衛」。
美術が好きだから、これまでアートに興味のなかった人にも美術の面白さ、素晴らしさを伝えたい。そんな私たちの想いから、2007年4月に創刊したのが季刊「美術屋・百兵衛」。日本の47都道府県のうち一箇所を各号でピックアップし、美術を中心としたその地域の文化全般を紹介しています。「美術は難しそうで」と食わず嫌いの方にも興味を持っていただけるように、時にはグルメ情報を入口にしたり、あるいは祭りやイベントを取り上げたり……。様々な文化を通して最終的にはアートの面白さを伝えます。
価格も500円(税込)と、手に取りやすいワンコイン。おかげさまで号を重ねる毎にファンも増え、最新号は創刊37号を迎えました。

日本の近代美術を切り開いた日本画家・横山 大観

百兵衛茨城号中身見て触れて楽しめる!笠間のアートスポット

百兵衛茨城号中身茨城県の北部で新しい芸術祭が生まれます


 
 

百兵衛は全世代の読者へ美術を浸透させます
麗人社
プライバシーポリシー問い合わせ

掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 Copyright© Reijinsha Co., Ltd. 2016